クラウドビジネスの拡大が著しい現在、これまでとは一線を画すIT商材やサービスが続々と登場する中、これら新商材の担ぎ手を求める声は日増しに大きくなっており、中でもユーザー企業に密着してビジネスを展開する、日本各地の地場ITベンダーの皆様への期待は高まるばかりです。
 BCNはこのような声に応え、日本各地での販路拡大を目指すITベンダーと"儲けるための有益な情報"を求める地場のSIer・リセラーの皆様とのマッチングを目的とするセミナーを、松山で開催いたします。
 本セミナーでは、製品の特長や導入実績、パートナー向けプログラムなどをご紹介し、業界で注目の最新商材をご理解いただくことで、地場ITベンダーの皆様に新しいビジネスの機会を得ていただくことを企図しております。
 本セミナーを通じて、皆様のビジネス拡大のお役に立つことができれば幸いです。
 ご参加料は無料(事前登録制)です。皆さまのお越しをお待ち申し上げております。

開催概要

開催日時
2016年2月26日(金)13:30~17:30(受付開始13:00~)
会  場
メルパルク松山 1階 ボヌールB
〒790-0858 愛媛県松山市道後姫塚123-2
地図は こちら
定  員
30名
参 加 費
無料(事前登録制)
申込方法
お申し込みフォームより事前登録制
対  象
システムインテグレーター、パッケージソフト開発事業者(ISV)、ネットワークインテグレーター、IT関連製品販売・卸販売会社、サービスプロバイダー(MSP)、事務機/OAディーラー販売会社、情報処理サービス会社、保守/運用サービス会社・ISP/通信/データセンター事業者などの販売、パートナー戦略企画立案、営業従事者
主  催
株式会社BCN
協  賛
SAPジャパン株式会社
キヤノンITソリューションズ株式会社
株式会社ハンモック
GMOグローバルサイン株式会社
後  援
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

プログラム

13:00-
受付開始
13:30-14:10

[基調講演]
「PepperとIBM Watsonが切り拓く新たなビジネスの世界」
ソフトバンク株式会社/ソフトバンクロボティクス株式会社
Watson事業推進室 首席エヴァンジェリスト 中山 五輪男 氏

昨年6月からのPepper一般販売開始および10月からの企業向けPepper販売開始により、既に国内には8000台以上のPepperが導入されています。また小売業をはじめ自治体、老人ホーム、住宅展示場、道の駅、病院、ラーメン店、百貨店などなど様々な業種業態の国内企業がPepperをビジネス分野で活用しており、この流れは日本から世界へと拡がろうとしています。また数多くのアプリ開発ベンダーが多種多様なPepperアプリを開発しており、それらの導入を始めている企業も増えてきました。
そこで今回の講演では国内のPepper企業導入事例や企業向けのPepperソリューションも併せて、多くの映像を交えながら紹介します。

14:10-14:40

[セッション1]
「総デジタル時代を生き抜くヒントとは
 ~成長し続けるITビジネスを考える~」
SAPジャパン株式会社
パートナー統括本部 パートナー開発 シニアマネージャー 斎藤 広一 氏

ビッグデータ、IoTとテクノロジートレンドが目まぐるしく変化し、第4次産業革命とも呼ばれる大変革の中で、IT業界はビジネスチャンスにあふれる一方ひとたび時代を見誤ると足下をすくわれかねない状況にあります。このような時代を生き抜くIT企業となるためには、最新テクノロジーの正しい理解と先々を見据えた「商材選び」が重要です。2016年のSAPは「デジタル・トランスフォーメーション」を戦略の中心に据え、従来のオンプレミス型ERP中心の製品ポートフォリオを刷新、クラウドベンダーへと大きく舵を切っています。
このセッションでは、現在産業界で起きているデジタル化の波を確認しながらSAPが提供するソフトウェア、クラウドの商材をご紹介し、皆様のお役に立つ「総デジタル時代に儲けるヒント」をお届けします。

14:40-15:10

[セッション2]
「次世代ファイアウォール/UTM「Clavister(クラビスター)」のご紹介
 ~アプライアンス、仮想、IoT、組込型UTMビジネスを見据えて~」
キヤノンITソリューションズ株式会社
セキュリティソリューション事業部 柳澤 直樹 氏

インターネットの存在は必須のツールと化している一方で、サイバー攻撃は日進月歩で進化しています。こうした脅威に対処するため、当社は昨年、新たなUTM製品「Clavister(クラビスター)」を日本市場にリリースしました。
No Linux & No OSSでUTMのダウンサイジングを実現し、アプライアンスだけでなく、仮想やIoT、組込等、幅広いデバイスに柔軟に実装することが可能な製品です。
本セミナーでは、UTM累計出荷台数12万台以上の実績を持つ当社が「Clavister(クラビスター)」をお奨めする理由を、具体的なソリューションを交えてご紹介いたします。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

15:10-15:20

休憩

15:20-15:50

[セッション3]
「IT統合管理ソフトウェア「AssetView」で実現できる最新情報漏洩対策」
株式会社ハンモック
大阪営業所 係長 北村 雄飛 氏

●IT統合管理ソフトウェア「AssetView」概要
●今注目のキーワード「マイナンバー」の漏洩対策 および 昨今の情報漏洩事故
1月よりついに運用開始されたマイナンバー。 各企業、組織ではマイナンバーの収集が開始されつつありますが、万一マイナンバーが漏洩した場合、企業、組織の信用は失墜し大きなダメージとなることは明白です。
また、昨今の情報漏洩事故は、標的型攻撃を受け個人情報ファイルが流出される巧妙な手口となっております。 マイナンバー漏洩対策、標的型攻撃から個人情報ファイルの流出対策についてご紹介します。
●「AssetView」提案事例のご紹介 AssetView の特長、他社製品との違いなど、どう提案するとお客様に製品の魅力が伝わるのか。過去15年、6,000社超の導入実績に基づき、製品販売の際のポイントを成功事例をもとにご紹介します。

15:50-16:20

[セッション4]
「電子証明書の世界~SSLサーバ証明書・クライアント証明書~」
GMOグローバルサイン株式会社
マーケティング部 マネージャー 大澤 康正 氏

毎日のように報道されるフィッシング詐欺や個人情報の漏えい。企業はお客様との間で個人情報をやり取りする機会が増加し、オフィス内も含めてセキュリティ強化が必須の時代です。今回の講演では、社員または特定の顧客からのアクセス認証・メールの署名と暗号化が可能なクライアント証明書を中心に、個人・法人を問わず幅広いお客様に提供可能な電子証明書についてご説明します。
安心・安全・信頼性が求められるクラウド時代において、小ライセンスから導入可能で保守費用もかからないASP・SaaS型クライアント証明書運用管理サービス「マネージドPKI Lite」。SIer企業様には後払いのパートナーシップをご用意しています。
効果的な売り方とは?サポート方法は?顧客のニーズに沿った活用方法は?といった内容について、導入企業の事例をもとに専門知識のない方にも解りやすくお教えします。ストック型ビジネスのメリットを再認識するグローバルサインの講演に是非ご参加下さい。

16:20-16:30

休憩

16:30-17:00

[主催者講演]
「勝ち抜くSIerの条件~キーワードで考えるSIの未来」
株式会社BCN
週刊BCN編集長 畔上 文昭

グローバルで大きく動くIT分野は、トレンドに合わせて必ずキーワードが登場します。最近では、IoTやAI(人工知能)、FinTechなど。これらの注目キーワードに対し、SIerはどのように取り組むべきでしょうか。すでに動いているSIerは、動いています。
本セッションでは、注目のキーワードをもとにSIの未来について紹介します。

17:00-17:30

名刺交換会

17:30

終了

※講演タイトル、講演内容は都合により予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。


<お問い合わせ>
===================
BCN イベント事務局
E-mail:bcn_event@seminar-reg.jp
TEL:03-5510-4168
FAX:03-5510-4078
受付時間:10:00~18:00(土日祝日を除く)
===================

BCNは、IT業界でのパートナービジネスの創造を目指し、専門紙『週刊BCN』と
ウェブサイト「BCN Bizline」でニュースや解説を発信しています。

「週刊BCN」
http://biz.bcnranking.jp/wbcn/index.html

「BCN Bizline」
http://biz.bcnranking.jp/