『週刊BCN』は、日本の各地域のIT市場についての報道を拡充することを編集方針に掲げており、各地での取材やセミナー開催を通して、地場ITベンダーにより充実した情報を届けることを方針としております。

今年、2015年3月2日号におきましては「大阪IT市場の今」と題し、大阪を拠点とするITベンダーや協会・団体の動きを取材いたしました。取材を通じて実感したのは、国内第2位のIT市場である大阪は、他地域と比較して決して潤っているわけではありませんが、多くのITベンダー各社や協会・団体が「案件はある」と口を揃えており、ビジネスチャンスは十分に見込めるということです。

また、大阪を拠点とするIT関連の協会や団体では、会員企業による協業が活発化しているだけでなく、新体制によって新しい取り組みを進めようとする動きがでています。こうした動きの中でBCN大阪のIT市場を盛り上げようとする地場のIT販社と国内第2位のIT市場である大阪を攻略しようとするITベンダーをマッチングするセミナーを企画いたしました。
新しいビジネスパートナーを求める旬のITベンダーが自社のセールスポイントをプレゼンする他、全国で多数のIT企業向けコンサルティングを手掛ける船井総研様をゲストに招き、今後のIT市場を占っていただきます。また、弊紙「週刊BCN」編集長がSIビジネスの今後について講演をさせて頂きます。 皆様のご来場をお待ちしております。

開催概要

開催日時
2015年6月26日(金)13:30~17:00(受付開始13:00~)
会  場
エビスビル AAホール本館 3階
〒541-0047
大阪府大阪市中央区淡路町3丁目2番9号
地図は こちら
・地下鉄 御堂筋線
「淀屋橋」駅11番出口より徒歩6分/「本町」駅1番出口より徒歩6分
・地下鉄 堺筋線
「北浜」駅6番出口より徒歩6分/「堺筋本町」駅17番出口より徒歩6分
定  員
80名
参 加 費
無料(事前登録制)
申込方法
お申し込みフォームより事前登録制
※お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
対  象
システムインテグレーター、パッケージソフト開発事業者(ISV)、ネットワークインテグレーター、IT関連製品販売・卸販売会社、サービスプロバイダー(MSP)、事務機/OAディーラー販売会社、情報処理サービス会社、保守/運用サービス会社・ISP/通信/データセンター事業者などの販売、パートナー戦略企画立案、営業従事者
主  催
株式会社BCN
協  賛
(順不同)
GMOクラウド株式会社
さくらインターネット株式会社
カゴヤ・ジャパン株式会社
株式会社 アーク・システムマネジメント
アクロニス・ジャパン株式会社
後  援
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

※お申し込み多数の場合、抽選とさせていただくことがございます。ご了承ください。

プログラム

13:00-
受付開始
13:30-14:00

[基調講演] 
「日本の未来、IT業界の未来とは?これから私たちは何をすべきか?」
株式会社船井総合研究所
経営支援本部 グループマネージャー シニア経営コンサルタント
斉藤 芳宜氏

SESやSIビジネスがこのまま成り立つと思っている人は少ないのではないでしょうか?
一方で、どのようなビジネスをやればこれからも成長できるのか?
この講座では、2020年までの日本の未来、IT業界の未来を大胆予測し、
今後の対処法について解説します。

14:00-14:30

[セッション1]
「2015夏・大阪本格始動! 新たなクラウドビジネスを支える
『GMOクラウドパートナー制度』」
GMOクラウド株式会社
営業部 パートナービジネス推進チーム
山路 陽子 氏

 パートナー戦略に重きを置くGMOクラウドは、ホスティング業界の中でもいち早くパートナーへの支援体制「GMOクラウド パートナー制度」を確立し、現在ではSIerをはじめ全国6,000社を超えるITベンダーとパートナーシップを結んでいます。
本セッションでは、「GMOクラウド パートナー制度」によって支援するインフラコスト低減/案件増加などの支援内容と、当社が提供する柔軟性の高いクラウドサービスの概要を事例を交えてご紹介します。

14:30-15:00

[セッション2]
「ITコスト投資の最適化を実現!
高性能で使いやすいさくらインターネットのデータセンターサービス」
さくらインターネット株式会社
営業部 営業1課 主任
柴田 英樹 氏

 企業におけるクラウドシステムの導入が加速する一方で、増え続けるIT投資や運用コストに頭を悩ませているご担当者は非常に多くいらっしゃるでしょう。 本講演では、高性能で拡張性が高く操作が簡単、1時間7円から使えるIaaS型クラウドサービス「さくらのクラウド」や、お申し込みから最速10分で利用開始可能、クラウドの様に利用が出来る物理占有型サーバサービス「さくらの専用サーバ」を中心に、弊社がご提供しているお客様のニーズに合わせた高性能かつ使いやすいインフラサービスについてご紹介致します。
また、さくらインターネットのパートナープログラム制度「さくらのビジネスパートナー」をご紹介致します。
弊社サービスを一緒にご販売頂けるビジネスパートナー様へ向けた、ご支援メニューを中心にご説明致します。

15:00-15:10

休憩

15:10-15:30

[主催者講演] 
「Slerは死なず!日本のSlerが強いこれだけの理由」
株式会社BCN
週刊BCN編集長 畔上 文昭

 大手SIerの業績が、好景気などに支えられて軒並み好調です。この勢いは、2020年の東京五輪まで続くといわれています。では、2020年以降はどうなるのか。一部の報道では、多くのSIerが淘汰されるなどとし、不安をあおっています。大手SIerの経営者も、2020年以降の戦略を口にするようになりました。これらの動向を踏まえ、SIerが抱えがちな課題と進むべき道について解説します。

15:30-16:00

[セッション3]
「低価格なプライベートクラウドサービス、決め手は5つの『適応力』」
カゴヤ・ジャパン株式会社
セールスグループ セールスチーム
越智 喜美好 氏

 カゴヤ・ジャパン提供の専用サーバーFLEXは、幅広いOSへの対応や独自アプリケーションのインストールなど、通常のクラウドでは対応できないさまざまなニーズに対応できるのが特徴です。5つのFLEX(適応力)で仮想化クラウドよりも自由自在なクラウド環境を提供できることについてお話し致します。

16:00-16:30

[セッション4]
「NAS共有ファイル装置を使ったAPLデータ統合管理と
データ保護でBCP対策システムの実現」
株式会社 アーク・システムマネジメント
代表取締役
日吉 孝浩 氏

 BCP対策の為の国産NAS型ファイル共有とデータ保全(バックアップ)装置のご紹介。ハードの設計からNASマネジメントソフトウェアそしてバックアップまでをワンストップで提供可能。そのNASアプライアンスの開発コンセプトから機能仕様および利用形態を本セミナーでご紹介します。システム管理者等専門の知識を持たない企業様でも利用可能なアプライアンスとなっています。エンタープライズ系の高機能とエントリー系の低価格を実現した小・中規模ユーザーシステムとクラウド事業者向け高付加価値NASヘッドまで幅広い製品群をご提案させていただきます。

16:30-17:00

[セッション5]
「マルチクラウド時代のバックアップ
~Acronisが提供する次世代バックアップソリューション~」
アクロニス・ジャパン株式会社
セールスエンジニア部 セールスエンジニア マネージャ
佐藤 匡史 氏

 企業でのクラウド活用は広がり、用途に合ったクラウドサービスをそれぞれユーザーが選択するマルチクラウド時代に突入しようとしています。
従来のデータ/システムの保護手段をそういった環境で利用することは難しく、マルチクラウドに適した新たなバックアップソリューションが必要になります。
Acronisからは、マルチクラウド環境に最適化されたデータ/システム保護と ディザスタリカバリの新しいバックアップソリューションをご紹介させていただきます。

17:00

終了

※講演タイトル、講演内容は都合により予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。


<お問い合わせ>
===================
BCN イベント事務局
E-mail:bcn_event@seminar-reg.jp
TEL:03-5510-4168
FAX:03-5510-4078
受付時間:10:00~18:00(土日祝日を除く)
===================