「Windows XPからの移行」と「消費増税対応」という“二大特需”に沸くIT業界。忙しい日々を送っているITベンダーは多いでしょう。とはいえ、4月以降は個人消費が落ち込み、端末ビジネスがひと段落することが決定的。新たなビジネスの芽を、今から見つけることが求められます。2014年は、業種・規模・職種を問わず、日本のビジネスマンは、モバイルPCやスマートデバイスを本格的に業務で使うでしょう。 その中で「働きやすさ」「効率化」を求めて、ユーザー企業のIT投資が活発化していく――。BCNではこう予測し、ここに次のチャンスを感じています。  本セミナーでは、スマートデバイスが変える「働きやすい環境」とはどんなものかをテーマに、働き方を変えるソリューションをもつITベンダーとともに、セミナーを企画しました。端末ビジネスの今後、さまざまなスマートデバイスを組み合わせた「モバイルコラボレーション」の事例、モバイルの専門家によるパネルディスカッションなど、豊富なプログラムをご用意いたしました。

ご参加は無料です。 みなさまのビジネスに役立つ情報をご提供いたしますので、ぜひご来場ください。

開催概要

開催日時
2014年2月20日(木)13:30~17:30 (受付開始13:00~)
会  場
青山ダイヤモンドホール
〒107-0061 東京都港区北青山3-6-8
地図は こちら
・最寄の表参道駅には、銀座線・半蔵門線・千代田線が乗り入れています。
「B5出口」が青山ダイヤモンドホールに直結しております。
定  員
200名
参 加 費
無料(事前登録制)
申込方法
お申し込みフォームより事前登録制
※お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
主  催
株式会社BCN
共  催
インテル株式会社

※お申し込み多数の場合、抽選とさせていただくことがございます。ご了承ください。

プログラム

13:00-
受付開始
13:30-13:35
[主催者挨拶]
株式会社BCN 週刊BCN編集委員 谷畑 良胤
13:35-14:15

[基調講演]
「国内企業における最新のIT投資動向調査から見る、現状と今後の方向性」 
株式会社アイ・ティ・アール
リサーチ統括ディレクター シニアアナリスト
生熊 清司 氏

国内企業のIT予算ならびに投資戦略が2013年度にどのような動きを見せたのか、また2014年度に向けてどのような方向へ進もうとしているかを、自社の国内IT投資動向調査の結果をもとに解説します。 2014年度に向けて最重要視するIT戦略テーマやIT課題とは何か、企業における投資動向の違いや今後の動向なども詳説します。

14:15-14:45

[セッション1]
「最新のデバイスが変える私たちの働き方」
インテル株式会社
ソフトウェア&サービス事業開発本部
インテル・セキュリティー日本地区統括
坂本 尊志 氏

今や私たちの日々の業務に欠くことのできないIT機器。従来は処理能力を優先すればバッテリー稼働時間や重量が、軽量なデバイスを選択すれば処理能力が犠牲になると言うトレード・オフの関係にありました。しかし技術の進歩により、「妥協しないデバイス選び」が可能になり、同時にますます重要になる情報セキュリティーへの備えも実現できるようになりました。本セッションでは、最新のPCおよびタブレット端末に搭載された技術をご紹介すると共に、最新のデバイスで「柔軟で安全な働き方」を実現したユーザーの実例をご紹介します。

14:45-14:55
休憩
14:55-15:25

[リサーチャーセッション]
「業務向けスマート・タブレット端末の現状とこれから」
株式会社矢野経済研究所
情報通信・金融事業部
コミュニケーションビジネス グループ長
土佐 恒広 氏

スマートデバイス(スマートフォン、タブレットPC)は、3G、LTEなどの通信機能を搭載し、大画面のインターフェースを持つことから、従来業務の効率化、新 たな業務運営の活用へと期待が集まっています。 また、スマートデバイスが個人において普及が進む中で、BYOD(Bring Your Own Device:個人の端末を業務で活用)や、これらの端末を管理するMDM(Mobile Device Management)ツールや関連のサービスも注目されています。 今回はスマートデバイスの市場動向や法人企業における同デバイスの利用動向などの弊社調査結果、さらには、専門アナリスト・コンサルタントによる業務活 用・ビジネスチャンスなどのテーマでお話をさせていただきます。

15:25-15:40

[セッション2]
「~モバイルが拓くワークスタイルの変革~
企業が安心して利用できるファイル共有サービス「Fileforce」」
株式会社ウェイズジャパン
代表取締役
関根 文彦 氏

タブレット端末を有効に活用する”働き方”が普及する一方で、会社が禁止されているにも関わらず、従業員が勝手に“無料のオンラインストレージ”を使用するケースも増えています。それは「シャドーIT」と呼ばれ問題になってきています。
Fileforceは、タブレット端末の業務利用での優位性を損ねず、管理者も安心して利用推進できる各種セキュリティ対応を実装したファイル共有サービスです。
今回は顧客事例と合わせて企業利用におけるタブレット端末との相性の良さを紹介させて頂きます。

15:40-16:10

[ユーザーセッション]
「Windows タブレット導入で実現する現場第一主義の強化」
日本ハウズイング株式会社
執行役員 システム企画部 部長
浅野 尚 氏

16:10-16:20

休憩

16:20-17:15

[パネルディスカッション]
◆パネリスト
株式会社アイ・ティ・アール
リサーチ統括ディレクター シニアアナリスト 生熊 清司 氏

株式会社ウェイズジャパン
代表取締役 関根 文彦 氏

NECキャピタルソリューション株式会社
ICTアセットソリューション部 シニアディレクター 荒谷 茂伸 氏

ワンビ株式会社
代表取締役社長 加藤 貴 氏

◆モデレータ
株式会社BCN
週刊BCN編集委員 谷畑良胤

17:15-17:30

質疑応答

17:30

終了

※講演タイトル、講演内容は都合により予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

※お申し込み多数の場合、抽選とさせていただくことがございます。ご了承ください。


<お問い合わせ>
===================
BCN イベント事務局
E-mail:bcn_event@seminar-reg.jp
TEL:03-5510-4168
FAX:03-5510-4078
受付時間:10:00~18:00(土日祝日を除く)
===================