本セミナーは、GMOインターネットグループのクラウド・ホスティング事業を運営するグループ4社で取り組む『GMO HosCon※』として実施いたします。
前回までのHosConでは、主にエンジニアや学生の方に向け私たちGMOの取り組みや展望、技術情報や業界動向についてお話ししてまいりました。
第8回目となる今回は株式会社BCNとの共催で、SIerのお客さま向けに、ビジネスに繋がる業界トピックスやGMOグループが提供するクラウドサービスについてご紹介します。
更に、我々と一緒にビジネスを展開くださっているパートナー企業様にもご登壇いただき、導入背景や導入後の本音などを赤裸々に語っていただきます。
国産クラウド提供者とパートナーのリアルな声に乞うご期待ください!
※GMO Hosting Conference (略称:GMO HosCon)

開催概要

開催日時
【東京】2017年 6月 7日(水)
【大阪】2017年 6月14日(水)
セミナー 15:30 ~ 18:00(受付開始 15:00~)
懇親会  18:15 ~ 19:15
会  場
【東京】GMO Yours(GMOグループ 本社オフィス内)
    〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26番1号
    セルリアンタワー 総合受付11階
    地図は こちら
【大阪】GMO Yours(GMOグループ 大阪オフィス内)
    〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3番1号
    グランフロント大阪タワーB 23階
    地図は こちら
主  催
GMOクラウド株式会社、GMOインターネット株式会社
共  催
株式会社BCN
対  象
システムインテグレーター、パッケージソフト開発事業者(ISV)、ネットワークインテグレーター、IT関連製品販売・卸販売会社、サービスプロバイダー(MSP)、事務機/OAディーラー販売会社、情報処理サービス会社、保守/運用サービス会社・ISP/通信/データセンター事業者などの販売、パートナー戦略企画立案、営業従事者
定  員
【東京】 120名
【大阪】 80名
参 加 費
無料(事前登録制)
申込方法
お申し込みフォームより事前登録制

※同業他社の方など、主催者の判断により、セミナーへのご参加を
ご遠慮いただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

プログラム 【東京・大阪共通】

15:00-
受付開始
15:30-15:40

ご挨拶

15:40-16:00
tanihata

[基調講演]
『クラウドファースト時代のインフラ選択とは
 ~『攻めのIT投資』の実現方法を伝授~』
株式会社BCN
週刊BCN編集委員 谷畑 良胤

国内の多くの企業では、情報システムを検討する際にまずはクラウドを選択する「クラウドファースト」が当たり前になってきました。時代の変化に合わせ「攻めのIT投資」を積極化しようと、柔軟なシステムが必要になっているためでもあります。ここでは、企業がどんなクラウドインフラを選択し、またどのような投資を求めているのか、今後のIT利活用の方向性も含めて考察します。

16:00-16:25
tone

[セッション1]
『SIビジネスの可能性を広げる、
           GMOの次世代クラウド戦略とは』
GMOインターネット株式会社
事業本部 クラウド事業部 第1法人営業チーム
マネージャー
刀根 一之

スタートアップからエンタープライズまで幅広い分野でクラウドサービスの導入が進み、もはやそれらはどう活用するかというフェーズへ進みつつあります。また、新たなビジネスモデルを創出する「オープン・イノベーション」への取り組みにも注目が集まりつつある中、GMOでは昨年、多様化するお客様のビジネスニーズに応じたITソリューションをワンストップでご用意する、企業向けクラウドプラットフォーム「Z.comCloud」をリリースいたしました。
高い可用性と柔軟性に富んだパブリッククラウド、サブスクリプションモデルを支援する販売課金プラットフォーム、次世代テクノロジーとして注目を集めるブロックチェーン技術など「Z.comCloud」の特長について我々が目指すビジネス戦略を交えお話させていただくと共に、中でも今回は自社インフラへのクラウド導入やサービスとしての外販も可能な「クラウドOEM」サービスについてピックアップし、事例を交えご紹介いたします。

16:25-16:35
arikawa

[セッション2]
『IoT時代に必要とされるIoTセキュリティ』
NECネッツエスアイ株式会社
キャリアパブリックソリューション事業本部
IoTビジネス推進室
事業戦略グループマネージャー
有川 洋平 氏

今後のIoTの普及に不可欠なセキュリティ課題について、これをクラウド、コネクティビティでどう解決していくかについてお話させていただきます。現状、NECネッツエスアイでは、パブリッククラウドである Microsoft Azure を活用したIoT向けプラットフォームを提供しています。
今回のセッションでは、なぜ Z.com Cloud を次のパートナーとして選んだのか。両者の取り組みと Z.com Cloud に対する今後の期待について触れたいと思います。

16:35-16:45
休憩
16:45-17:10
yoshida

[セッション3]
『SIerがGMOクラウドを選ぶ理由とは?
 ~システム案件で使えるIaaSはこれだ!~』
GMOクラウド株式会社
営業部
プリセールスG チーフ
吉田 博之

昨今、クラウドファーストが注目されていますが、実際にクラウドへリフトしている企業は多くはありません。 利用目的によって必須要件が異なる社内システムのクラウド化には、これら多くの要件に応えられる性能・機能を保有した柔軟なインフラの提供が不可欠です。 GMOクラウドは、そのようなお客さまのニーズに合わせて、共用サーバーからホスティング・クラウドまで、多彩なプラットフォームを柔軟に組み合わせ、用途に最適なインフラ環境をご提供しております。
しかし、ITプラットフォームだけではお客さまのニーズに応えられない場合もあります。GMOクラウドは、開発用OSテンプレートから、セキュリティ・災害対策など、システム開発・構築のために、あると便利なソリューションもオールインワンでご提供し、お客様の用途に応じたシステム環境をSIerの皆様と共にご提供してまいりたいと考えております。 セッションでは、数あるITプラットフォームの中で、SIerがなぜ、GMOクラウドを選択したのか事例を交えて、ご紹介します。

17:10-17:20
sato

[セッション4]
『システム担当者のお悩み解消!
 クラウド活用で実現するスマートな
            24時間365日のシステム運用』
株式会社アールワークス
取締役
佐藤 淳一 氏

最近は、GMOクラウド ALTUS をはじめとするパブリッククラウドを活用し、コストをかけずにサイトを立ち上げたいという要望は数多く聞こえてきます。それと同時に、継続的に安定したサイト運営をしたい、さらには次の拡張もしっかり考えたいという要望もあります。しかし、一般的に開発担当者が普段の運用に関わると次の拡張に時間がとれません。24時間365日の運用ニーズへの対応も、コストとできることのバランスに悩むといった場面は多いのではないでしょうか。
当社はMSPを主たる事業として、そんな悩みをすべて解決するソリューション、「システム運用サービス」を提供しています。多くのシステム担当者が抱える運用のお悩みを、クラウドを活用したサーバインスタンス管理の自動化とエンジニアによる技術サポートの組み合わせで解決しています。その内容および、GMOクラウド ALTUS と連携した、クラウドならではのスマートな運用体制作りのポイントは何であるかを紹介します。

17:20-18:00

[トークセッション]
『なぜ、GMOのサービスを選択したのか
 ~パートナーだから分かる、他社との違いを本音トーク!~』
NECネッツエスアイ株式会社 有川 洋平 氏
株式会社アールワークス 佐藤 淳一 氏
GMOインターネット株式会社 刀根 一之
GMOクラウド株式会社 吉田 博之
(モデレータ:週刊BCN 谷畑)
※順不同

18:00-18:15
休憩
18:15-19:15

懇親会

※プログラムは都合により予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

※同業他社の方など、主催者の判断により、セミナーへのご参加を
ご遠慮いただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


<お問い合わせ>
===================
GMOクラウド株式会社
E-mail:newentry@gmocloud.com
TEL:0120-312-614
受付時間 10:00~18:00(土日祝日を除く)
===================